2008年05月14日

記憶の棘(@スカパー)

BIRTH.jpg

10年前に死んだ夫を思い続ける未亡人と、
彼の生まれ変わりだという10歳の少年との愛を描いた作品です
。ニコール・キッドマン主演。
劇場公開時に観逃してたので楽しみにしてたんだけど・・・。
途中まではドキドキしながら観てたけど、何だか違う方向へと展開していって、
何も伝わってこなかったし、少年の行動の動機も最後までわからなかった。
ラブストーリーなのかファンタジーなのかサスペンスなのか、
どちらにしても中途半端だった気がします。
ラストも「え〜??」って感じ。
それでもニコールは真摯に役柄を演じていて好感もてたから、美しいニコールを観れただけで納得するしかないかな。
あ、唯一気に入ったのが邦題。アナの心に刺さった棘はいつまでも抜けないんだろうなぁ・・・て。
posted by mio7334 at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。