2008年04月25日

花影

HANAKAGE.jpg

我がままで自分勝手な主人公が一人の男性との出会いによって人間として成長していくというストーリー。
これはダメだ〜。キム・レウォンが出てるってことで観に行ったけど、最後まで観るのがとっても苦痛でした。何なの〜って感じ。ストーリー展開はバレバレだし、ヒロインの心の動きにも違和感ありまくり!1年前に会っただけで、その間全く思い出しもしなかった男性からの手紙であんなに急に気持ちが変わるってどうよ!?桜の花の下で会った瞬間に彼女に恋してしまうキム・レウォンもどうよ!?
急に韓国語がしゃべれるようになったあたりから、もう誰も止められないスピードでひたすらとんでもない方向へと進むストーリー。ファンタジー作品だと何かに書いてあったけど、私にとっては結末が見えすぎてる妄想映画でした。キム・レウォンは好きな役者さんなので、凄く残念バッド(下向き矢印)
posted by mio7334 at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/94628395

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。