2008年03月03日

チーム・バチスタの栄光

teamB.jpg

面白かった〜exclamation×2この一言につきます。
観終わってからしばらくこの言葉を言い続けてたほどです。
話の組み立て方といい、展開といい、とても面白くて、スクリーンに釘付けでした。それに加えて個性的で豪華なキャスト陣。私的には全てがパーフェクト!いまのところ(まだ2ヶ月だけど・・)今年の最高傑作です。
緊迫した手術シーンとは対照的に、のほほんとしたキャラの田口先生(竹内結子)と白鳥(阿部寛)のコンビがユーモアたっぷりだし、7人の容疑者達(?)の心理合戦も面白かったな。そして最後のどんでんがえし・・・。へぇ〜!!とビックリだったし。
映画としての楽しみどころを沢山もったいい作品でした。
中村義洋監督作品には前作「アヒルと鴨のコインロッカー」に続いて魅了されてしまいました。次回作もとっても楽しみですぴかぴか(新しい)
posted by mio7334 at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。