2008年02月26日

ユゴ 大統領有故

yugo.jpg

1979年韓国で実際に起きた大統領暗殺事件を描いた社会派ドラマです。
残虐なシーンがリアルに描かれていて、目をそむけたくなる場面も。
大事なことを話すときに日本語だったり、宴席で日本の曲を歌ったりと、当時の韓国にはまだ日本の教育の影響が色濃く残ってたことを感じさせられました。
お隣の国で、たった20数年前に起きた事件だということを思うと、何だか不思議な気持ちになりました。事実なのか演出なのか、わからないようなシーンも沢山あって、韓国現代史をもっと勉強してから観るべきだったかな・・・と少し後悔しました。
posted by mio7334 at 13:43| Comment(0) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/87192974

この記事へのトラックバック

ユゴ 大統領有故」お隣のことをまだまだ知らないことばかりだ
Excerpt: 「ユゴ 大統領有故」★★★☆ ペク・ユンシク、ハン・ソッキュ主演 イム・サンス監督、韓国、2005年、104分 1979年、パク・チョンヒ大統領が暗殺された、 情報部幹部と反抗に加..
Weblog: soramove
Tracked: 2008-03-12 00:33

ユゴ 大統領有故
Excerpt: 暗殺。テロ。暴力。 民主的な政治家を狙ったものでも、独裁者を狙ったものでも、行為自体は同じ。 普通に韓国の現代史をまあそこそこ知っていれば当然知っている、また韓国のことはさほど知らない多く..
Weblog: しぇんて的風来坊ブログ
Tracked: 2008-03-15 23:20

「ユゴ 大統領有故」(韓国 2006年)
Excerpt: 1979.10.26韓国ソウル。 独裁者が呆気なく凶弾に倒れた日。
Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常
Tracked: 2008-09-13 23:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。