2008年02月12日

歓喜の歌

kankinouta.jpg

二つのママさんコーラスをダブルブッキングしてしまったことから始まるドタバタ群像劇。
いい加減で優柔不断な男の小林薫。無責任で、その場限りで、その上思いっきり適当です。
こういう役がハマリますよね〜。どんな役柄を演じていても、なにか味のある役者さんだなぁって思います。そしてコーラスグループのママさん達もキャラの濃い人ばかりです。その中でいつも笑顔でふんわりとした空気を醸しだしながらも、問題をきちんと整理していく五十嵐リーダー役の安田成美さんと小林薫さんの演技のバランスが、とても良くて観ていて楽しい作品でしたるんるん
posted by mio7334 at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/83700476

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。