2008年02月06日

ラスト、コーション

LUSTCAU.jpg

ラストシーンのトニーの表情が忘れられません。
内容、キャストともに素晴らしい作品でした。
タン・ウェイって本当に新人なの?と思う位、凄い女優の誕生シーンに立ち会えた気がしています。アン・リーが彼女を見つけた時点で、この作品の成功はほぼ決まっていたのかもしれません。そして、トニー・レオン。やはり上手いです。今までの彼とは全く違う演技で今まで彼が演じたことのないような人物像をしっかり表現していて、とても驚きました。虚実のかけひきで緊張感いっぱいの中、交わされる二人の激しいシーンは、この作品には大きなウエイトを占めていることは確かなのですが、それ以上に二人の感情の揺れが繊細に描かれていたので自然に受け入れることができました。ただ白いボカシがチラチラと目に入り、かえって違和感たっぷりになったことがとても残念です。ストーリーにそった中でのシーンなのだから、そのまま映像を流すべきだったのではと強く思います。本当に美しいシーンだったのに、あれは興ざめでした。トニーファンとしては、最初に彼女と結ばれる暴力的なシーンも衝撃的でしたが、料亭のような場所で彼女の歌を聴きながら涙するシーンが一番心に残りました。固く閉ざされた彼の心が一瞬だけ解き放たれた気がしました。

男と女。生と死。失ったものと得たもの。
エンドマークの後の主人公の人生を考えると切ない思いがあふれてきます。
私の中で、間違いなくこの作品はいつまでも心に残りそうです。
posted by mio7334 at 08:55| Comment(2) | TrackBack(6) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
調べたわけではないけど、あんな馬鹿げたボカシを入れる国なんて、日本ぐらいじゃないのかなぁ。
Posted by kimion20002000 at 2008年09月23日 21:25
kimon20002000さん

こんにちは☆
ボカシ絶対変ですよね〜。
ありのままの表現を否定するっておかしいはず。
いつかボカシなんてない完全版を観たいな〜って
素直に思います。
Posted by mio at 2008年09月26日 10:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

映画「ラスト、コーション」
Excerpt: 原題:Lust,Caution/色・戒 どうしても思ってしまうのが、題名の意味だよね、最後の注意事項みたいな意味ありげなことを想像するけど、実は色欲に注意しなさいということなのね・・ ..
Weblog: 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
Tracked: 2008-03-18 17:41

ラスト・コーション を観ました。
Excerpt: チケットを持っており、明日で終わりらしいので、雨の中、早起きして鑑賞!
Weblog: My Favorite Things
Tracked: 2008-03-22 20:20

アン・リー監督の「ラスト、コーション 色―戒」を観た!
Excerpt: 1942年、日本占領下の上海。 人々に恐れられた、傀儡政権下特務機関の顔役 イー。 イー暗殺の命を受け、彼の元へと忍び寄る女スパイ ワン。 ワンはイーを誘惑し、やがてその魅力で彼を堕とすことに成..
Weblog: とんとん・にっき
Tracked: 2008-04-17 21:18

『ラスト、コーション 色/戒』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「ラスト、コーション 色/戒」□監督 アン・リー□原作 アイリーン・チャン□キャスト トニー・レオン、タン・ウェイ、ワン・リーホン、ジョアン・チェン ■鑑賞日 2月10日(日..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2008-04-20 20:33

mini review 08328「ラスト、コーション」★★★★★★★★☆☆
Excerpt: 付けているが
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2008-09-22 00:36

ラスト、コーション
Excerpt: 米中台香合作。 セックス・シーンの撮影の仕方とかが話題になったが見てみたらそこのところはやはり過激な演出。主演女優タン・ウェイが中国当局に実質芸能活動を締め出されるなどしたということにもなったのは..
Weblog: しぇんて的風来坊ブログ
Tracked: 2009-12-20 11:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。