2008年01月17日

ロンリーハート

LONELY.jpg

結婚記念日のケーキを作り、指輪を外し、バスルームで自らの命を絶つ女性・・・。この冒頭のシーンだけで、この映画に引き込まれていきます。
重く暗い過去を引きずったままの刑事が、孤独な女性だけを次々に殺害していった凶悪なカップルを追うというストーリー。
40年代アメリカで実際に起きた事件を基にしているそうです。
登場人物が皆、孤独な心をかかえています。
殺人を繰り返すカップル、妻に自殺された刑事、刑事の息子、刑事の現在の恋人、そして殺されてしまった女性たち・・・。
サスペンスというだけではない、心の葛藤を丁寧に描いた作品でした。
ラスト、犯人2人が電気椅子で処刑されるところで終わるのではなく、刑事と息子、そして刑事の恋人が3人でボートに乗っているシーンで終わりました。この終わり方もとてもよくて、心に沁みてきました。
posted by mio7334 at 09:25| Comment(2) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBだけして、コメント残さず来てしまってたのに(^^;;)
TB&コメントも頂いて、どうもありがとうございました〜♪

ほんと、登場人物がみんななにかしら心に孤独を
抱えてましたね〜。
犯罪を犯した二人の物語だけだったら、後味悪かったかもしれないですが、mioさんが書いてらっしゃるように、あの3人のシーンで終わったところに救いがあったし、家族再生の物語が平行して描いてあったので
内容の割にはいい気分で見終わることができましたよね。
処刑後の刑事2人の会話も、してやったり、ってこと
だけじゃなくて、しみじみしてて良かったです♪
Posted by メル at 2008年04月22日 17:14
メルさん
観終わってからも、あれこれと頭の中をかけめぐるような作品が好きな私としては、
この作品は正にツボでした。

メルさんが書かれてるように、家族の再生も描かれていたのがよかったな〜って思います。
Posted by mio at 2008年04月25日 20:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/79019318

この記事へのトラックバック

「ロンリーハート」
Excerpt: ロンリーハートソニー・ピクチャーズエンタテインメントこのアイテムの詳細を見る 1940年代、レイモンド・フェルナンデス(ジャレッド・レトー)は戦争未亡人や中年女性ばかりを 相手に結婚詐欺を繰り返す。あ..
Weblog: 心の栄養♪映画と英語のジョーク
Tracked: 2008-04-21 10:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。