2007年12月27日

クワイエットルームにようこそ

ROOM.jpg

ある日目覚めると、そこは隔離された閉鎖病棟のベットの上。
そこで出会う問題を沢山抱えた患者達・・・。
精神病等を舞台にしてるってことで、「ベロニカは死ぬことにした」や「「サイボーグでも大丈夫」そして「17歳のカルテ」を思い出しました。
でもこれらの作品に比べて、感情移入しずらく最後まで宙ぶらりんな気持ちのままで観てしまった気がします。蒼井優ちゃん、クドカン、大竹しのぶ・・・と主役以外の役者の方が輝いてたのも要因のひとつかも・・・と思います。
これって映画より舞台の方が面白いような気がするけど。どうでしょ。
posted by mio7334 at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/74937612

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。