2007年12月27日

マリと子犬の物語

MARIDOG.jpg

泣きました。もうずっと泣きっぱなしもうやだ〜(悲しい顔)
恋愛ものじゃあ、ほとんど涙しない私ですが、動物ものってダメですね〜。
最後まで涙ボロボロ状態のままでした。
犬のマリちゃんの演技が半端じゃなく凄いです。私が審査委員長だったら間違いなく今年の主演女優賞はマリにあげますよ!ええ。ええ。
家族の絆の大切さを強く伝えてくれる作品だと思いました。
劇場には親子連れが沢山いました。正直、子供たちが騒いだりしたら嫌だなぁと思ってたんだけど、どの子も騒いだりすることもなく真剣に観ていたようです。あの小さな子供たちにも大切なキモチはきっと伝わったはず。
動物や子供の演技は、反則ものですね。大人の役者さん達の演技がかすんでしまった気がします。
映画鑑賞後、家に帰ったら玄関でうちの「まる」(猫 ♀ 9歳)が待っていてくれました。何だか作品とオーバーラップしてしまい、泣きそうになってしまった私です。
posted by mio7334 at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/74919122

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。