2007年09月12日

うつせみ(@スカパー)

utusemi.jpg

韓国の鬼才キム・ギドグ監督作品です。
留守宅に侵入して、そこの住人が戻るまでその家で暮らすという不思議な犯罪を繰り返す青年。彼はこの作品の中で一言も喋らないのです。その静かなスクリーンの中で、出会う人妻もラストシーンまで殆ど喋ることはなく、二人は目の動きや顔の表情だけで心を通わせていきます。
ラストで人妻が青年に「愛してる」と一言告げるけど、そのシーンも、え!?ってビックリするようなドキドキするシチュエーションでした。
最初から最後まで、不思議で異質な感じのする作品でした。
posted by mio7334 at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55006745

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。