2007年09月03日

Life 天国で君に逢えたら

Life.jpg

38歳で病死したプロのウィンドサーファー飯島夏樹氏のエッセイを基にした作品です。
エンドロールで故・飯島氏の写真やご家族の写真が映し出されたんだけど、どことなく雰囲気が大沢たかおさんに似ていて驚きました。
ただ作品自体は、可もなく不可もなく・・・って感じの無難な出来だった気がします。
伊東美咲さん、とっても美しかったけど、相変わらず台詞は棒読みだったし、
どうみても母親には見えず、母性も感じられませんでした。
そのせいなのかどうか感情移入が難しくて、涙は最後まで出ませんでした。
寛子さんの役を他の女優さんが演じていたなら、もっと重みのある作品になったんじゃないかと、残念に思います。
posted by mio7334 at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53780518

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。