2006年12月31日

王の男

king.jpg


映像がとても綺麗でした。コンギル(イ・ジュンギ)美しかった〜。
女性以上に女性っぽい・・・。あの美しさだけでも観る価値ありの作品です。

そして今日、部屋の大掃除してて、以前観た映画「ホテルヴィーナス」のパンフを見つけ、何気にパラパラと頁をめくるとイ・ジュンの名前がexclamationえ〜あの作品に出てたの〜とビックリexclamation×2「王の男」のコンギルと全くイメージが違うので思い出すことさえ出来ませんでした。凄い成長してるんだなぁ・・・とシミジミしちゃいました。


ラベル:映画 韓国
posted by mio7334 at 03:40| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

王の男
Excerpt: この映画は、フィクションを交えたといえ、歴史の読み方、というより歴史上の人物であってもヒトであり、凍りついた凍った顔の狂王(この映画のヘソ)と最下位層被差別職種・芸人(当時)の両者における人物像と生き..
Weblog: しぇんて的風来坊ブログ
Tracked: 2007-09-07 23:27
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。