2006年10月30日

まるちゃん、病院へ!

20061030212316.jpg

三毛猫猫の「まる」はうちの大事な家族の一員です。
縁あって生後まもなくわが家へやってきて、
母猫がいないので哺乳瓶でミルクを与えて成長したせいか、
完全室内飼いなので、外の猫と接する機会もなかったからか、
本人には猫という自覚が全くないままに育ってしまった感じです。
現在8歳。避妊手術のせいか現在5.3sのおデブちゃんです。

「まる」は今日、動物病院病院へ行ってきました。
朝、しきりにお尻を舐めているので、覗いてみたらうっすらと血のようなものが。
あ〜またか。すぐに病院へ行く準備!
病名はすでにわかってます。「肛門嚢炎」です。
ちょうど一年前にも同じ症状で病院通いをして、それ以来いつも「まる」のお尻には気を配っていたのに・・。
ときどき絞ってやれば大丈夫らしいのですが、「まる」は人一倍神経質で臆病な小心者のうえ警戒心が強い猫なので、家族にさえもお尻は触らせないのです。絞るなんて到底無理exclamation
4月に病院へ行った時はまだ大丈夫だったから安心してたのに・・。毎日のようにお尻チェックはしてたのに・・。ごめんね〜気がつくの遅くてふらふら
本日は、破裂した傷口を洗浄してもらい注射とお薬をもらって、無事終了!
洗浄時に大分抵抗したので大変(四人がかりで押さえたの)だったけど、
注射の時は大人しくしてたのでホッとしました。
本日から薬の服用です。これがまた一苦労なんだよね〜。
頑張って飲んでくれないと治らないんだよ〜!!

去年は今回より傷口が大きかったので舐めないようにとエリザベスカラーを頭に巻かれたら、
それがストレスになってしまい胃の調子が悪くなってしまったんだよねたらーっ(汗)
外科的治療でいったのに内科的治療も必要になり大変でした。
今回はそんなことなく早く治りますように・・・。頑張れまるちゃんexclamation×2
タグ: 動物病院
posted by mio7334 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26479328

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。