2009年03月05日

7つの贈り物

7pounds.jpg

何が何だかわからないままに、ストーリーがどんどん進んでいき
必死に観てないと訳わかんなくなりそうでした。
少しずつ彼の行動の意味や、先が見えかけてきたころ
頭の中で「7つ」を数え始めてました。
結局、「6つ」しか思い当たらず、今も謎のままです。
もうひとつって何だったんだろう?
大事なことを見逃してしまったのか、観客それぞれの解釈次第なのか
それさえもわからないままで、今も疑問符が残ったままです。
そしてタイトル。原題の「SEVEN POUNDS」のままで
よかったのに・・・。「・・・贈り物」じゃあ軽すぎた気が。
彼の行動を通じて色んなことを考えさせられた重い作品でした。
posted by mio7334 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115218630

この記事へのトラックバック

映画「7つの贈り物」
Excerpt: 原題:SEVEN POUNDS それを贈り物と呼ぶにはあまりに哀しい、イエス・キリストが人々の罪をあがない人類を救うために自らを十字架にかけた、かのように、贖罪はミステリアス〜 不..
Weblog: 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
Tracked: 2009-03-07 09:55
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。