2009年02月24日

エレジー

ELEGY.jpg

大学教授のデビッド(ベン・キングズレー)と、教え子のコンスエラ(ベネロペ・クルス)
年齢差が30歳もある二人の恋愛を描いた作品です。
一目ぼれし一夜を共にした若いコンスエラに、溺れていく初老のデビッド。
恋愛に対して奔放なデビッドが、初めて感じる嫉妬や独占欲。
コンスエラを深く愛するほどに、いつかは捨てられるのではないかという
恐怖を感じてしまい、彼のつまらない嘘が原因で二人は別れてしまいます。
そして2年後の再会・・・。

恋愛に年齢は関係ないとはいえ、30歳もの年の差を埋めるのは可能なのか?
いろんな疑問をもちつつも、デビッドは幸せな男だな〜と思ってしまいました。
地位も名誉もあるし、長年付き合ってるSEXパートナーの女性(40代)がいて、
さらに若く美しい教え子とも相思相愛だなんて・・・。
それでも不安がぬぐいされないって、何故なんだろう。
彼の不安や恐怖は年齢差によるものだけだったのでしょうか。
共感はできなかったけど、老いに対する男女の違いや
切なさを感じることのできる作品でした。
posted by mio7334 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。