2009年02月05日

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで

RR.jpg

1950年代のアメリカ。二人の子供にも恵まれ幸せに暮らす若い夫婦。
傍目には何不自由のない満たされた生活に見える二人だったが・・・。

何から書いていいのかわからない位、衝撃的でした。
夫婦って何?そんな思いが頭の中でぐるぐる回ってました。
自分の思い描く自分になれなかったジレンマは、
大なり小なり、沢山の人がもってるものだと思うけど
フランクとエイプリルはまっすぐに突き詰めてしまったからか
もの凄いスピードで別の方向へと走り出してしまった気がしてなりません。
こんなはずじゃなかったという思いが大きくなればなるほどに
今の自分が手にしたもの全てが、ちっぽけなものに思えてきて、
それさえも否定したくなる気持が痛いほどに伝わってきました。
パリ移住という無謀なエイプリルの提案、最初は戸惑いながらも同意するフランク。
二人は全てをゼロにして、知らない場所で理想の自分を取り戻したかっただけなのかも。
それが儚い夢だとは気づかずに・・・。
悲しすぎる結末に呆然としました。
途中から予想は出来たとはいえ、あんな形で終わるなんて。

あの「タイタニック」以来11年ぶりの共演だという
レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレット。
彼ら以外にこの役は考えられないほど、素晴らしい演技です。
甘いラブストーリーじゃないけど、いろんな事を考えさせられる凄い作品でした。
posted by mio7334 at 08:44| Comment(0) | TrackBack(6) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113702498

この記事へのトラックバック

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで
Excerpt: あなたの最愛のひとは あなたを愛していますか──。 原題 REVOLUTIONARY ROAD 上映時間 119分 製作国 アメリカ/イギリス 原作 リチャード・イェーツ 『家族の終わりに』(ヴ..
Weblog: to Heart
Tracked: 2009-02-06 02:02

★「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」
Excerpt: 今週の平日休みは話題作2本を「TOHOシネマズ・ららぽーと横浜」で。 その2本目。
Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
Tracked: 2009-02-10 01:39

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで
Excerpt: 『タイタニック』コンビ、11年ぶりの復活だぁ〜ってワクワクしている場合ではなさそうな作品だけど、公開日に観て来ました〜 (お客さんが6〜7人しかいなかった!寂しい・・・)  【story】1950年代..
Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★
Tracked: 2009-02-10 19:51

『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」□監督 サム・メンデス □原作 リチャード・イェーツ(「家族の終わりに」) □脚本 ジャスティン・ヘイス □キャスト レオナル..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2009-02-19 14:13

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで
Excerpt: あなたの最愛のひとはあなたを愛していますか──。
Weblog: Addict allcinema 映画レビュー
Tracked: 2009-07-12 22:35

「レボリューショナリー・ロード」(REVOLUTIONARY ROAD)
Excerpt: オスカー受賞作「アメリカン・ビューティ」や、「ロード・トゥ・パーディション」 などの作品で知られる英国出身の米映画監督、サム・メンデスがリチャード・イェーツの小説「家族の終わりに」を映画化したヒューマ..
Weblog: シネマ・ワンダーランド
Tracked: 2009-07-19 06:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。