2009年01月15日

2008年度日本インターネット映画大賞 日本映画部門

今年もお誘いがきてましたので、まずは日本映画部門の方から投票させていただきます。

[作品賞投票ルール(抄)]
 ・選出作品は5本以上10本まで
 ・持ち点合計は30点
 ・1作品に投票できる最大は10点まで

『 日本映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「チーム・バチスタの栄光」   6点
  「人のセックスを笑うな」    5点
  「アフタースクール」      5点
  「デトロイト・メタル・シティ」  3点
  「しあわせのかおり」      3点
  「容疑者Xの献身」       3点
  「たみおのしあわせ」      3点
  「歩いても歩いても」      2点

【コメント】
2008年に鑑賞した日本映画は43本。
いつもより少なめになってしまったけど、味のある作品が多い一年だった気がします。


【監督賞】           作品名
   [ 内田 けんじ ] (「アフタースクール」)
【コメント】
先が読めない展開で進んでいくストーリーで
最高に面白かった。


【主演男優賞】
   [ 本木 雅弘 ] (「おくりびと」)
【コメント】
いつも静かで丁寧で、そして美しい演技力に脱帽です。


【主演女優賞】
   [ 永作 博美 ] (「人のセックスを笑うな」)
【コメント】
キュートな外見からは想像も出来ない程に、演技の幅を感じさせてくれます。
彼女の出演作にはいつも注目しています。


【助演男優賞】
   [ 堤 真一   ] (「容疑者Xの献身」)
【コメント】
彼じゃなかったら、この作品の成功はなかっただろうなって思います。


【助演女優賞】
   [ 樹木希林 ] (「歩いても歩いても」)
【コメント】
去年も樹木さんを選んだけど、今年も1票!
存在感たっぷりの演技はさすがです。


【新人賞】
   [ 甘利 はるな ] (「コドモのコドモ」「ブタがいた教室」)
【コメント】
2作品ともに難しいテーマだけど、堂々とした演技は大人顔負けって感じで
将来が楽しみな子役さんですね。


【音楽賞】
  「 人のセックスを笑うな 」
【コメント】
どの音楽も凄く好きです。聴いただけで、シーンが目に浮かんでくるほど、
しばらくは携帯の着メロにしてた位、大好き。
posted by mio7334 at 20:53| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112659812

この記事へのトラックバック

l38O5CS5A8EBFgFBX31T4A
Excerpt: 昨日、本屋に行ったらつい目にとまって見てしまいました永作博美関連本。結局立ち読...
Weblog: 永作博美
Tracked: 2009-01-16 16:17

2008年のまとめ・日本インターネット映画大賞
Excerpt: 年末年始が大忙しだったんで、ようやくUP(爆)あけまして、映画『HERO』出演でございます。2008年のベストソング、アルバム、ライブ、ドラマ、映画を選んでみた。下線をクリックするとレビューへ飛ぶ。 ..
Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
Tracked: 2009-01-17 22:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。