2009年01月04日

ハピネス(韓流シネフェス2008ラブ&ヒューマン)

HAPPINESS.jpg

地味でありふれたストーリー。
なのに、何故か心にじんわりと沁みてくる・・・・。
ホ・ジノ作品はそこが魅力なのかも。
愛だけじゃ生きていけないってことは、わかっていても
大好きな役者、イム・スジョンが不幸になっていくのが
本当に悲しくて、いつまでも心に残ります。
posted by mio7334 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。