2008年11月06日

レッドクリフ PartT

REDCLIFF.jpg

三国志を知らない私でも充分楽しめました。
冒頭の人物説明に大分助けられました。
戦闘シーンが長すぎる感はあったけど、
映像、音、役者の演技、その全てがもの凄い迫力で、スケール感が違います。
国をかけて戦う男達と彼らを支える女達それぞれの姿を描いていて、
どんどんストーリーに引き込まれていきました。
周瑜(トニー・レオン)と孔明(金城武)がとても素敵。
二人の連合軍が数で圧倒する曹操軍に立ち向かって行く。
さぁこれから〜と思ったところで「to be continued」。
早くPartUが観たいです。来年の4月まで長いなぁ〜。
周瑜の妻・小喬役のリン・チーリン、美しいですね〜。
女の私もうっとりしてしまう位の正統派美女。
トニーに包帯を巻くシーンがとてもセクシーでした。
PartUでは、彼女のシーンは更に増えそうだし、本当に楽しみぴかぴか(新しい)
posted by mio7334 at 02:13| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

レッドクリフ Part?
Excerpt: 『三国志』には詳しくありませんが、チラホラ知ってはいるので、例によって「諸葛孔明って素敵〜」的なミーハーな認識程度はあります(照)で、、、智に長けた孔明を金城君が、そして孔明に勝るとも劣らない知力と仁..
Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★
Tracked: 2009-01-15 08:10

レッドクリフ PartI
Excerpt: ちょっとのめり込みそうになったのは出だしの場面。コドモを守れるか? あとは次から次のシーンを楽しんでいましたが、断片的というか、それほど繋がって感じられなかったのは集中していなくても見ていられるからだ..
Weblog: しぇんて的風来坊ブログ
Tracked: 2009-01-17 13:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。