2008年11月06日

僕は君のために蝶になる

bokutyou.jpg

3年前、些細な喧嘩が原因の交通事故で恋人アトン(ヴィック・チョウ)を亡くしたエンジャ(リー・ビンビン)の元に幽霊となって現れるアトン。
喪失感と罪悪感から抜け出せずにいるエンジャと、現世に未練があり成仏できないままのアトンの再会。少しづつ歩み寄る二人の再生までを描いた作品です。

ストーリー的にはいい感じで、感動ものかな〜と期待してたんだけど、
何も伝わってくるものがなく、単調なままに終わってしまいました。
残念だけど、ヴィック・チョウは、役者として力不足な感じがしてしまいます。
「闘茶」の時も感じたけど、もっともっと勉強してほしいかもふらふら
posted by mio7334 at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109174972

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。