2008年10月06日

悔しい(第39節 甲府)

勝ちたかった。勝たなければいけなかった。
1−1のドロー。圧倒的に甲府ペースのゲームでした。
セカンドボールはことごとく奪われてたし、
負けなくてよかったっていうのが本音。
梁くん4試合連続ゴールexclamation×2を勝利で飾れなかったことが凄く残念です。
足を痛めてても、誰よりも走ってた姿に涙出そうになりました。
何て頼もしいキャプテンなんでしょう。
セッキーに任せるって言ってたセットプレーも、殆ど梁くんが蹴ってたし。
田村、平瀬両選手のケガの具合も心配ですが、
梁くん同様、次節まで2週間しっかり休んで調子を戻して欲しいです。
(天皇杯はサブメンバーですよね??そう願います。)
残り6試合、最後には涙でクシャクシャになりながら笑顔でしめくくりたいです。
まだまだ苦しい闘いが続くけど、「共闘!!」
posted by mio7334 at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ベガルタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。