2008年10月01日

幸せの1ページ

nimisland.jpg

原題「NIM’S ISLAND」のままの方がストレートでよかったんじゃないかな〜。
主役はジョディ・フォスターというより、アビゲイル・ブレスリンだったと思うし。
どちらかというと、ファミリー向けの冒険ファンタジーでした。
ちょっぴり子供に戻って、ニムになったつもりで鑑賞すると面白く観ることができました。
誰も知らない無人島でのスローライフ。美しい海、自然と動物に囲まれた自給自足の毎日。
いつかあんな暮らしが出来たら・・・なんて憧れる世界が画面いっぱいに広がっています。
あ〜、南の島でのんびりした〜い!!シュノーケリングとかしたいよ〜。
単純にそう思いながら、観るにはいい作品だったかな。

そうそう、ニムの父親で海洋学者のジャック役のジェラルド・バトラーがめっちゃ素敵でした揺れるハート
アビゲイルちゃんは少しスリムになったからか、ベッキーに見えてしまったけどネ・・・。
posted by mio7334 at 16:41| Comment(2) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コチラも終盤が残念な作品でした〜。
でも、可愛い、ファミリー向けの楽しい作品でした。
アビゲイルちゃん、「リトル・ミス〜」の時は
幼児体型に見せるためにおなかに詰め物をしての演技だったので、
ホントに見違えましたね♪
Posted by kira at 2008年10月09日 16:17
kiraさん
「リトル・ミス」の時のアビゲイルちゃんが
おなかに詰め物をしてたって事、知りませんでした〜!
あの太りっぷりはリアルだったのでビックリです。
今頃になって感心しきりです(汗)
確かにこの作品はファミリー向けでしたね。
ジョディはやはりシリアスな演技の方が向いてそ・・。
Posted by mio at 2008年10月10日 11:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『幸せの1ページ』 2008-No57
Excerpt: 厳しい顔で、一人でも戦える強い女性ばかりを演じていたジョディ・フォスターが 引きこもり・対人恐怖症・潔癖症な冒険小説家になっていま...
Weblog: 映画館で観ましょ♪
Tracked: 2008-10-04 21:02

幸せの1ページ
Excerpt: 人生なんて、たった1行で変えられる。 原題 NIM'S ISLAND 製作年度 2008年 上映時間 96分 製作国・地域 アメリカ 原作 ウェンディー・オルー『秘密の島のニム』(あすなろ書房刊)..
Weblog: to Heart
Tracked: 2008-10-09 16:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。