2008年08月06日

歩いても歩いても

aruitemoaruitemo.jpg

家族の何でもない日常を淡々と描いた作品。
何かが起きるわけでもなく、実家に住む両親の元にそれぞれの家族を連れて息子や娘が帰省してくる。その何気ない日常の中から、この家族の抱える問題やすれ違う心が見えてきます。
15年前に海で溺れた少年を助けて命を落とした長男。跡取りを失った父。長男の死が心に深い闇として刻み込まれたままの母。そして長男に対するコンプレックスが抜けないままの次男。明るくて自由奔放な長女。さらには、次男の妻の連れ子である息子との微妙な距離感。
いろんな問題を抱えながらも、人は前に進んでいくし、笑顔の裏には時として深い悲しみや憎しみが隠れていることもあるから。
個性的なキャストで、描かれたありふれた日常なのに、何だか心にスーッと沁み込んでくるような感覚を覚えました。

原田芳雄、樹木希林のお二人の存在感は別格でした。
YOUもとても素敵だったな・・・。
posted by mio7334 at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104274393

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。