2009年02月13日

ラースと、その彼女

LARS.jpg

人と接することが苦手な青年ラースの連れてきた恋人ビアンカは、等身大のリアルドール。
人形の彼女に生きた人間のように接する大真面目なラースを気づかい
家族や同僚、町の人々みんながラースと彼女の恋を見守ります・・・。
純粋なラースと周囲の人々のやさしさが、スクリーンから伝わってきます。
トラウマを持ち、殻に閉じこもったままのラースが作り上げた理想の恋人ビアンカ。
ビアンカに話しかけながら、ラースは自分自身に問いかけてたのかも。
少しずつ成長(変化)していくラース。
スクリーンの中では寒い寒い冬が終わり、暖かな春を迎えていました。
とてもあったかでやさしくて幸せな気持になれるいい作品でしたかわいい
posted by mio7334 at 13:59| Comment(0) | TrackBack(4) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マルタのやさしい刺繍

maruta.jpg

スイスの片田舎に住むおばあちゃんが、若い頃の夢だった手作りのランジェリーショップを開くために、友人達と奮闘するお話です。
一生懸命でパワフルなおばあちゃん達が、可愛くてかっこよくて、
年をとったって、夢や希望を忘れないで生きることの素晴らしさを教えてくれます。
「もう○○歳だから」とか「こんな年じゃあ・・」とか言ってる人達にこそ観てもらいたい作品です。何かを始めることに年齢なんて関係ないし、年をとるってことも悪くないよね〜。顔はシワシワでも、要するにキモチ!心が老いてなければ何にでもチャレンジできるんだよね。何かに夢中になってる姿は老若男女関係なくかっこいいです。
かっこいいおばあちゃん達から沢山の勇気とパワーをもらえました。

それにしても、ヨーロッパのお年寄りって可愛いしお洒落。
年をとればとるほどカラフルな色の洋服を着てるような気がするし、
体型なんて関係なく堂々としてて洋服の着こなしが素敵です。
いまだ日本は若ければいいって考えが根付いちゃってて
10代後半の子でさえ「もう年だから〜」なんてマイナスな発言をしてたりするけど、
欧米のように年を重ねていく素晴らしさを感じられるようになるといいな〜って思います。
10代は20代に、20代は30代に、30代は40代に、40代は50代に・・・
憧れを抱き将来はあんな風になりたいな、って思える社会になったら
未来に希望をもてるし、もっともっと成熟した素敵な世の中になるのにな。
作品とは関係ないかもしれないけど、観終わってからそんなことを感じました。
とてもいい素敵な作品です。あんな風に年を重ねていきたいですねぴかぴか(新しい)
posted by mio7334 at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。