2009年01月15日

2008年度日本インターネット映画大賞 外国映画部門

こちらは、外国映画部門です。


[作品賞投票ルール(抄)]

 ・選出作品は5本以上10本まで
 ・持ち点合計は30点
 ・1作品に投票できる最大は10点まで

---------------------------------------------------------------

『 外国映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「ラスト、コーション」   7点
  「王妃の紋章」       4点
  「奇跡のシンフォニー」  4点
  「言えない秘密」      3点
  「マドレーヌ」        3点
  「スウィニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 3点
  「ダーウィン・アワード」  2点
  「花蓮の夏」         2点
  「中国の植物学者の娘たち」 1点
  「ラスベガスをぶっつぶせ」 1点

【コメント】
2008年に鑑賞した外国映画は54本。
今回選んだ10本のうち半分以上がアジア系作品になりました。
そしてダントツで1位なのが「ラストコーション」。
全てにおいて衝撃的で心に残った作品です。

---------------------------------------------------------------

【監督賞】           作品名
   [ アン・リー ] (「ラスト、コーション」)
【コメント】
美しい映像と、衝撃的なストーリー。
全てが心に残る演出です。


【主演男優賞】
   [トニー・レオン] (「ラスト、コーション」)
【コメント】
アジア1の役者だってことを、改めて実感させてくれました。
苦悩する表情には胸がしめつけられます。


【主演女優賞】
   [ グイ・ルンメイ ] (「言えない秘密」)
【コメント】
切ないラブストーリーは、彼女の透明感のある存在があったからこそ
心に沁みてきたと思います。


【助演男優賞】
   [アンソニー・ウォン] (「言えない秘密」)
【コメント】
私が好きな作品には、いつもどっかに顔を出してる役者さん。
今作でもいい味だしてますよ〜。


【助演女優賞】
  該当なし


【新人賞】
   [ タン・ウェイ] (「ラスト、コーション」)
【コメント】
まさに体当たりの演技。新人とは思えない豊かな表現力を感じました。


【音楽賞】
  「奇跡のシンフォニー」
posted by mio7334 at 21:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年度日本インターネット映画大賞 日本映画部門

今年もお誘いがきてましたので、まずは日本映画部門の方から投票させていただきます。

[作品賞投票ルール(抄)]
 ・選出作品は5本以上10本まで
 ・持ち点合計は30点
 ・1作品に投票できる最大は10点まで

『 日本映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「チーム・バチスタの栄光」   6点
  「人のセックスを笑うな」    5点
  「アフタースクール」      5点
  「デトロイト・メタル・シティ」  3点
  「しあわせのかおり」      3点
  「容疑者Xの献身」       3点
  「たみおのしあわせ」      3点
  「歩いても歩いても」      2点

【コメント】
2008年に鑑賞した日本映画は43本。
いつもより少なめになってしまったけど、味のある作品が多い一年だった気がします。


【監督賞】           作品名
   [ 内田 けんじ ] (「アフタースクール」)
【コメント】
先が読めない展開で進んでいくストーリーで
最高に面白かった。


【主演男優賞】
   [ 本木 雅弘 ] (「おくりびと」)
【コメント】
いつも静かで丁寧で、そして美しい演技力に脱帽です。


【主演女優賞】
   [ 永作 博美 ] (「人のセックスを笑うな」)
【コメント】
キュートな外見からは想像も出来ない程に、演技の幅を感じさせてくれます。
彼女の出演作にはいつも注目しています。


【助演男優賞】
   [ 堤 真一   ] (「容疑者Xの献身」)
【コメント】
彼じゃなかったら、この作品の成功はなかっただろうなって思います。


【助演女優賞】
   [ 樹木希林 ] (「歩いても歩いても」)
【コメント】
去年も樹木さんを選んだけど、今年も1票!
存在感たっぷりの演技はさすがです。


【新人賞】
   [ 甘利 はるな ] (「コドモのコドモ」「ブタがいた教室」)
【コメント】
2作品ともに難しいテーマだけど、堂々とした演技は大人顔負けって感じで
将来が楽しみな子役さんですね。


【音楽賞】
  「 人のセックスを笑うな 」
【コメント】
どの音楽も凄く好きです。聴いただけで、シーンが目に浮かんでくるほど、
しばらくは携帯の着メロにしてた位、大好き。
posted by mio7334 at 20:53| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きつねと私の12か月

F-O-X.jpg

野生のきつねと少女との交流を描いた作品。
壮大な自然の中で、のびのびと暮らす動物たちや、
四季の美しさがとても印象的。
きつねの美しさや、しなやかな動き、そして表情に魅せられました。
少女リラがずーっと着てたあの洋服も、色やフォルムがとても可愛くて
景色の中に自然と融和してて綺麗でした。
映像の美しさと、自然の中で生きていく厳しさが、
心に響いてくる素敵な作品ですぴかぴか(新しい)
posted by mio7334 at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。