2008年10月28日

コドモのコドモ

kodomo.jpg

どうなんだろう!?
リアリティを求めるべき作品ではないのだろうけど。
これはあくまでも御伽噺としてとらえるべきなのか・・・。
大変な問題に直面してるのに、大変さが伝わってこなかったし、
大人たちの能天気ぶりにも呆れた。そこがこの作品のポイントなのかな?
あんなにお腹が大きくなってるのに全く気にしない親って??
コドモ二人のあまりにも幼すぎる判断で生まれてしまったそのコドモの将来を考えると哀れな気がします。春菜はともかくヒロユキの幼さが何だか痛々しくて、あの子の将来を考えると可哀想な気がしてなりません。
「命の尊さ」を伝えたかったらしいけど、それ以上にその先の大変さをもっとちゃんと伝えなければ、いたずらに命が生まれてしまうような気がしてならなかったんだけど。。。
posted by mio7334 at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カンフー・ダンク!

KUNGFUDUNK.jpg

面白かった。頭をからっぽにして観るには最適の作品です。
ありえな〜い!プレイ続出のバスケのシーンをはじめ、ツッコミどころ満載です。
好きなエリック・ツァンやチェン・ボーリンも出演しててキャストは予想外に豪華。
単純に楽しめるテンポのいい娯楽作品でした。
ありがちなテーマや設定なんだけど、たまにはこういうのもいいな。
何となく昔の香港映画風なところもよかったしネわーい(嬉しい顔)
posted by mio7334 at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大逆転!!!!!!(第41節 VS大阪)

前半終了時1−3。
ダメかも・・・。と思いかけた私。ごめんなさいふらふらダメサポです。
ユウキの2点目が入った時から、「イケル!」そう確信。
もう、あれよあれよと面白い位に点が入って、気がつけば3−4での逆転exclamation
終了間際、ピッチサイドで見守る梁くんの様子が画面に映ったときから、もう涙涙もうやだ〜(悲しい顔)
いつもはあまり感情を表に出さないタイプの梁くんのあの姿。
ロスタイム3分がもの凄く長く感じられ、早く早く〜と祈り続けました。
大事な大事な一戦。故障者の多い中でアウェイで今季一勝もしていない相手との難しいゲームを勝利で飾れたことは本当に嬉しいです。
そして待ちに待ったユウキのGOOOL!それも2GOOOOL!!
時間がかかったけど、本調子になってきたのかなって最高に嬉しいです。
るんるん「おおお、中島裕希。おおお、ゴールを狙え。おおお、中島裕希。俺達の裕希。」この歌が試合後、いつまでもTVから聞こえてて、現地には行けなかったけど、一緒に歌いました。
次節は宮スタでの広島戦。強敵なのはわかってるけど、ガッツリ勝利してオーラを歌うよ〜パンチ
posted by mio7334 at 08:56| Comment(2) | TrackBack(0) | ベガルタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。