2008年09月10日

グーグーだって猫である

goodgood.jpg

天才漫画家 麻子さんと猫との別れと出会い。
そして麻子の周りの人々の何気ない日常を描いた心温まる作品です。
命の大切さを静かに説いてくれて、心にジワーっとしみこんでくるような・・・。
猫好きで現在も10歳になる三毛猫を飼っている私には、身につまされるところや、
共感できる部分が多すて、まだまだ消化しきれてないけど、感想を少し。

キョンキョンはいくつになっても素敵ですね。
自然体だし無理に若作りしてる訳でもないのに、可愛くって魅力的です。
上野樹里ちゃん、加瀬亮くん、森三中、林直次郎くん・・・と
麻子の周りの人達も、不器用なんだけど優しくてあったかいです。
もちろん猫たちの可愛さは言うまでもなくって、思わず声をあげてしまいそうになる位です。
赤ちゃんグーグーも可愛いけど、手術後エリザベスカラーを着けたグーグーも(可哀想なんだけど)最高に可愛かったな〜。グーグーだけでなく、サバも白猫ちゃんも可愛かったし。

麻子の夢の中に現れる人間の姿のサバを演じた大後寿々花ちゃんが印象的でした。何も言わずに死んでいったサバの気持と麻子のサバへの想いが通じ合った不思議で素敵なシーンでした。
昔飼ってた猫のことを思い出して会いたくなって、涙が出ました。

ゆったりとした時間、吉祥寺の風景、細野晴臣さんの素敵な音楽。
心がほっとできる素敵な作品でした。
吉祥寺の街に行けばグーグーと麻子さんに会えるような、そんな気がしていますぴかぴか(新しい)
posted by mio7334 at 17:10| Comment(0) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。