2008年08月28日

ベガスの恋に勝つルール

vegaslove.jpg

ハチャメチャでドタバタなんだけど、面白かった。
最悪な印象のまま出会う二人の、嫌がらせっぷりが凄いです。
やられたら、やり返すの連続!もの凄いバトル!
それなのに何故か微笑ましくて笑っちゃいました。
主演の二人が凄くよかった。
終盤からはちょっぴりしんみりなラブストーリーに。
わかりやすいんだけど、恋するっていいなぁ・・・と
思わせてくれる楽しくてロマンチックな作品でした。
アシュトン・カッチャー素敵だったな〜ハートたち(複数ハート)
最初は、この人〜バッド(下向き矢印)って感じだったけど、
ストーリーが進むにつれて、どんどんかっこよくなってく!。
(今思い出したけど、この人ってデミ・ムーアの現夫だよねexclamation&question
凄い年下の。何だか妙に納得。こりゃあデミもほっとかないか〜・・・。)

そして、「映画は最後までしっかり観ましょう!」と声を大にして言いたいで〜す。
映画館が明るくなる寸前に、もうひとつラストが待ってますよぴかぴか(新しい)
posted by mio7334 at 12:05| Comment(0) | TrackBack(8) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

勝利が遠い・・・(第32節 VS徳島)

2点目がとれません。
結局8月は1勝も出来ずに終わっちゃった。
同じコメントを何回聞いたんだろう。
試合後にオカが言ってた言葉も、何だか胸に響いてこなくて
何もする気も起きずに、ぼんやりしています。
心が折れたとか、諦めたとかは言いたくないけど、
前向きな気持にはまだなれそうにないです。

ただ、次節のお休みで順位は更にさがる可能性もあるけど、
このお休みは選手にもスタッフにもサポにも、
気持を切替えるのには、いい時間だなって思います。
苦しいし、悔しいし、どうしたらいいかわからないけど
今の状況にちゃんと向き合いたいです。
変らないのはベガルタが好き!ってこと。
ゴチャゴチャ考えずに、ただ無心に共闘できるように・・・。
posted by mio7334 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ベガルタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

デトロイト・メタル・シティ

DMC.jpg

いやぁ〜、面白すぎです!
たくさん笑わせてもらいました。
クネクネしてる根岸くん、キモイんだけど可愛かったな。
あのノリ嫌いじゃないです☆
クラウザーさんになってからも、見た目ああだしステージでのパフォーマンスも強烈なのに、妙に憎めない何かがありました。
テンポの速さが心地よくて、根岸くん&クラウザーさんはもちろん
他の登場人物もみんな個性的で目が離せない感じでしたね。
一番ノーマルっぽい相川さんも、よく考えると充分普通じゃなかったりするし(笑)
映画を観終わった今も頭の中で反復しては、クスッと笑えるシーンが沢山あります。
その中でもトイレでの佐冶くんとのシーンや、観客がメルシーちゃんしかいないのに懸命に歌う根岸くんのシーン、家族との食事のシーン、実家の牛にべぇべぇ言ってるシーンが好き。
松ケンって凄いなぁ〜!どんな役も憑依しちゃったかのように演じてて、素の彼が見えてこないし。器用そうに見えないところもいいな。
めっちゃ面白かったので、もう一度観ようと思っています。
今一番の私のおすすめ作品!
あ〜何だか、根岸くんの歌うあの曲が耳からはなれないよぉぉぉぉ。



そうそう、松山くんって私と誕生日が一緒なんだよ!
生まれた年は違うけど、何だか嬉しい〜!
すっかりファンモードです
揺れるハート
posted by mio7334 at 02:11| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

忘れたい・・・(第31節 VS山形)

0−1で敗戦。
何を書いても愚痴になりそうです。
正直、試合があったことさえ忘れてしまいたい気分だし。
選手は頑張ってる。サポも頑張ってる。
敗因が何なのか、私にはわからない・・・。
どうすればこの長く暗いトンネルを抜け出せるのか、
この先どんな結果が待ってるのか想像もつかないけど、
また次もユアスタへと向かいます。
私が出来ることはあの場所に行くことだけだから。
大好きなベガルタを応援することだけだから。
どんなことがあっても!
posted by mio7334 at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ベガルタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

5連続ドロー(第30節 VS広島)

キンちゃん、復活ゴール!すっごく嬉しかった!
ユアスタに、あんなに沢山の人が集まったのは久々でした。
勝ちたかったな。
寿人のゴールは見たくなかったのに…。


もう明日は「ダービー」
広島戦以上に負けられないゲーム。
微力ながら、ベガルタ勝利を信じて、明日もユアスタへ!!
posted by mio7334 at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ベガルタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月08日

お気に入り☆

jagabee.jpg

美味しいexclamation×2大好きexclamation×2
もう10年位「じゃがりこ」派だったけど、
こっちに浮気中ですたらーっ(汗)
めっちゃ美味しい!普通のジャガビーと味はほとんど一緒ですが。
色が綺麗なせいか、こっちが美味しく感じます。
お値段が少々高めなのが、残念だけど。
それ以外はパーフェクトかわいい
大箱で出してくれないかな〜と願いつつ爆食い中あせあせ(飛び散る汗)
posted by mio7334 at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

ぐるりのこと。

gururi.jpg

橋口監督の6年ぶりのオリジナル作品ってことで、ずっと前から楽しみにしてた作品です。
前作「ハッシュ!」が大好きだったので、期待しすぎちゃったかな。
夫婦の10年間を描いてるからしょうがないのかも知れないけど、私には140分が長く感じられました。
少しイライラする位、展開が遅いし、どうしてもこの妻・翔子(木村多江)に感情移入することが出来ずに終わってしまった気がします。
木村多江さんの湿度を感じる演技が少々苦手でした。
夫役がリリー・フランキーさんじゃなかったらもっと辛かったかも。
いろんなとこで、高評価だし、夫婦愛っていいなって書かれてるけど、
そんな風に感じることが出来ませんでした。
あんな風にしてまで一緒にいる必要性があるのか?と思ってしまったし。
面倒くさい!そうこの作品を観て一番感じたのがこの思い。
人間関係は元々面倒くさいものなのかもしれないが、
その部分を必要以上にクローズアップしてる気がして共感できませんでした。
観終わってから、あ〜だから私は結婚してないのか・・・。
と妙な部分で納得させられてしまったけど(笑)
posted by mio7334 at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たみおのしあわせ

tamio.jpg

地味でオクテな民男の結婚ストーリー。
優柔不断で流れに身を任せて生きてきた息子・民男と、
息子の幸せのために自分を犠牲にしてきた父親。
原田芳雄とオダギリージョーがそんな親子をとても自然に演じています。

もてない君って感じの民男のファッションにも注目。
シャツの裾は出さずにしまって、首元のボタンもしっかり上まで留めちゃいます。
その風貌が違和感ゼロでオーラ消えちゃってるジョー君。さすがです!
婚約者の瞳さん(麻生久美子)は綺麗で聡明な感じだけど、
何だか訳ありムードが最初から漂っていて、民男大丈夫??って心配になります。
もちろん民男は全く気づくこともなく、全てが瞳さんペース。
警告ランプは何度も点灯してて、民男に知らせてくれてるのに。
そして、民男の父の恋もとんでもない方向へと進んでいきます・・・。

この作品、登場人物がみんな普通じゃないです。キャラ濃すぎ!
屋根裏に住んでた民男の叔父(小林薫)、父の恋人宮地さん(大竹しのぶ)
元恋人の宗形さん(石田えり)、叔父のもとに集まってきた近所の老人たち(冨士真奈美他)・・・。
ドタバタしてて、大人気なくてハチャメチャだけど、結構笑えます。
ゆるーい空気が流れつつ、ストーリーは民男の結婚式へと進んでいき・・・。
あのラストには驚いたけど、何だか爽快です!気持が晴れ晴れしちゃいます。
ネタバレになるから書けないけど、あれってあの有名な作品をパロってるんですよね(笑)
お互いを思いやる気持があるから、あの結末なんだって納得です。

チラシに書いてあったソクラテスの言葉「結婚してもしなくても、どのみち君は後悔する」・・・。
う〜ん、深いわ。結婚って。
posted by mio7334 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

歩いても歩いても

aruitemoaruitemo.jpg

家族の何でもない日常を淡々と描いた作品。
何かが起きるわけでもなく、実家に住む両親の元にそれぞれの家族を連れて息子や娘が帰省してくる。その何気ない日常の中から、この家族の抱える問題やすれ違う心が見えてきます。
15年前に海で溺れた少年を助けて命を落とした長男。跡取りを失った父。長男の死が心に深い闇として刻み込まれたままの母。そして長男に対するコンプレックスが抜けないままの次男。明るくて自由奔放な長女。さらには、次男の妻の連れ子である息子との微妙な距離感。
いろんな問題を抱えながらも、人は前に進んでいくし、笑顔の裏には時として深い悲しみや憎しみが隠れていることもあるから。
個性的なキャストで、描かれたありふれた日常なのに、何だか心にスーッと沁み込んでくるような感覚を覚えました。

原田芳雄、樹木希林のお二人の存在感は別格でした。
YOUもとても素敵だったな・・・。
posted by mio7334 at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

アフタースクール

AFS.jpg

最高に面白かった〜!!
一瞬足りとも目を離せないストーリー、緻密に計算されたトリックの数々。
予想外の展開で、どんどん話が進んで行きます。
そして驚きのラスト。想像以上です!
騙されたのに、妙な爽快感を感じてしまう不思議な作品。
人間は見た目や先入観で判断しちゃいけないってことを、
改めて強く思わされます。
色々書きたいけど、全てがネタバレへと繋がってしまいそうなので、控えめに。
映画好きにはオススメの作品!是非劇場でぴかぴか(新しい)
posted by mio7334 at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

百万円と苦虫女

100mannen.jpg

不器用な鈴子(蒼井優)が愛おしく感じられました。

ある事情から家に居づらくなった鈴子は、百万円貯まったらその地を離れて他の場所へ引っ越す・・・・・そんな風に各地を転々とし、出会いや別れを繰り返していくうちに少しずつ成長していく鈴子。
人と接することや人との繋がり方、そして自分自身にも不器用な鈴子の
鈴子なりの自己再生へのロードムービー。
作品全体があまりにも自然体なので、蒼井優ちゃんの素もあのままじゃないのかなぁと感じてしまうほどでした。
中島くん(森山未來)との出会いで変っていく鈴子と、いじめられっ子の拓也(鈴子の弟)の成長が同時に描かれていて、こちらも印象的でした。鈴子に反発してた拓也だけど、二人はとても似ていて、お互いに強い影響を与えあってたんだよね。
映画のラスト・・・。
あれでよかったのだと思います。
切ないけど、鈴子は自分の居場所をしっかり見つけて幸せに生きていけるだろうから・・・。
静かで優しい空気が流れてたこの作品。
まるで、自分も作品の中の一人になっていたような気持ちにさせてくれました。
そうそう、ピエール瀧さんが凄くよかったな。
posted by mio7334 at 08:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月04日

勝ちきれない・・・。(第29節 VS甲府)

あと1点がとれない。
数的優位、生かせなかった(涙)
敬太の負傷と、セッキーの次節出場停止。
4試合連続ドロー。しかも今季2度目!
がっかりな結果だったけど、いいことも。
ユウキの4ヶ月ぶりのゴール!!
ベガルタ加入後初出場の斉藤さん、いい感じです。
そして、こんな結果でも4位でいるってことにも。
首位広島以外は、まだまだ混戦状態です。
下を向くことなく、戦い続けましょう。
次節、広島戦。まぐれだろうが、ごっつぁんだろうが、勝ちゃあいいんだよ!
かっこ悪い形でもいいから「カチテンさん」を呼び込みたいね!
ナジソンは出場できるのかな〜?!
posted by mio7334 at 08:55| Comment(4) | TrackBack(0) | ベガルタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。