2008年05月14日

記憶の棘(@スカパー)

BIRTH.jpg

10年前に死んだ夫を思い続ける未亡人と、
彼の生まれ変わりだという10歳の少年との愛を描いた作品です
。ニコール・キッドマン主演。
劇場公開時に観逃してたので楽しみにしてたんだけど・・・。
途中まではドキドキしながら観てたけど、何だか違う方向へと展開していって、
何も伝わってこなかったし、少年の行動の動機も最後までわからなかった。
ラブストーリーなのかファンタジーなのかサスペンスなのか、
どちらにしても中途半端だった気がします。
ラストも「え〜??」って感じ。
それでもニコールは真摯に役柄を演じていて好感もてたから、美しいニコールを観れただけで納得するしかないかな。
あ、唯一気に入ったのが邦題。アナの心に刺さった棘はいつまでも抜けないんだろうなぁ・・・て。
posted by mio7334 at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神童(@スカパー)

shindoh.jpg

成海璃子の存在感に圧倒されました。
いい意味での年齢不詳な感じだし、あの落ち着きは凄いです。
演技力以前に存在だけで天才ピアニストに見えちゃってたし。
松山ケンイチも良かった。彼は無色透明な感じがして、どんな役にも溶け込める不思議なムードを持ってると思います。この作品での和音役もはまってたし。
うたの言う「私は音楽だから」って台詞が印象的で心に残りました。
クラシックにふれる機会があまりないけど、コンサートシーンは感動ものでしたぴかぴか(新しい)
posted by mio7334 at 12:05| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あの空をおぼえてる

anosora.jpg

幸せな家族に突然訪れた別れ。
深い悲しみから再生していく家族愛を描いた作品です。
子役も含めて役者さん達は皆頑張ってたけど、
何故か感情移入できないまま終わってしまいました。
原作を読んでないので解らないけど、原作のテイストを大事にしているからなのかファンタジーな部分が沢山盛り込んであって、それが私的にはダメだったので残念です。
ただ、別の視点から観ると、家や車などおしゃれで素敵なところが沢山あったし、吉田里琴ちゃんの綺麗な顔にも驚きました。そして久々にスクリーンで観た竹野内豊さんは、やっぱり素敵だったな〜。
posted by mio7334 at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。