2008年02月25日

エリザベス:ゴールデン・エイジ

ELIZABESH.jpg

エリザベスを演じたケイトの演技は素晴らしかったです。
どこから見ても女王の貫禄充分。
宮廷での贅沢な暮らしぶりとは裏腹に、孤独で満たされないエリザベスの想いがとてもリアルに伝わってきました。
ただ、クライヴ・オーウェン演じる冒険家が、いとも簡単に次女のベスと結ばれてしまうくだりは少々残念な気がしました。もう少しエリザベスの想いにこたえてくれるような展開になるのかと期待してしまったので、拍子抜けでした。
観終わったあとに、もう一度歴史を勉強しなくっちゃ!と思わせてくれた作品です。
posted by mio7334 at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。