2008年02月10日

シルク

SILK.jpg

外国人が描く日本ってのは所詮こんなものなのかな?
最上川の雪景色や、坂本龍一の音楽は素晴らしかったけど、それ以外は退屈なだけでした。
日本で出会う絹のような少女との純愛。これが全く共感できず・・・。
芦名星ってそんなに神秘的で美しいのかしら?入浴シーンとか見ても貧弱な身体が印象に残っただけだったけど・・・。
小説で読んだ方が想像力とか書き立てられて良かったのかな〜。
主人公の心の動きに現実味を感じられなかったからか、全く共感できる部分がありませんでした。
ラベル:シルク 映画
posted by mio7334 at 00:53| Comment(0) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。