2008年01月14日

2007年度日本インターネット映画大賞 外国映画部門

引き続き、外国映画部門を!


[作品賞投票ルール(抄)]

 ・選出作品は5本以上10本まで
 ・持ち点合計は30点
 ・1作品に投票できる最大は10点まで

---------------------------------------------------------------

『 外国映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「ホリデイ」       7点
  「ブラッド・ダイヤモンド」4点
  「アポカリプト」     4点
  「ドリームガールズ」   4点
  「ゾディアック」     3点
  「幸せのちから」     2点
  「フルーダムライターズ」 2点
  「傷だらけの男たち」   2点
  「幸せのレシピ」     1点
  「私のちいさなピアニスト」 1点
【コメント】
2007年はダントツで「ホリディ」です。
ストーリー、キャスト、音楽、風景など全てにハマリました。

---------------------------------------------------------------

【監督賞】           作品名
   [ メル・ギブソン ] (「アポカリプト」)
【コメント】
ドキュメンタリー作品のような臨場感に感動しました。

【主演男優賞】
   [レオナルド・ディカプリオ] (「ブラッド・ダイヤモンド」)
【コメント】
熱演!彼の代表作!って断言できます。

【主演女優賞】
   [ ヒラリー・スワンク ] (「フルーダムライターズ」)
【コメント】
説得力のある演技にひきこまれました。

【助演男優賞】
   [ジャッキー・アール・ヘイリー] (「リトル・チルドレン」)
【コメント】
超個性派俳優!彼でなくちゃ演じられなかった役。

【助演女優賞】
   [ アビゲイル・フレスリン ] (「幸せのレシピ」)
【コメント】
もう子役の枠をこえてます!

【新人賞】
   [ ニッキー・ブロンスキー ] (「ヘアスプレー」)
【コメント】
次回作品が今から楽しみな大型新人の登場。

【音楽賞】
  「ドリームガールズ」
【コメント】
ジェにファー・ハドソンの素晴らしい歌唱力に圧倒されました。どの曲も素晴らしい!
posted by mio7334 at 15:46| Comment(1) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年度日本インターネット映画大賞 日本映画部門

このブログにもお誘いがきてましたので、まずは日本映画部門の方から投票させていただきます。


[作品賞投票ルール(抄)]
 ・選出作品は5本以上10本まで
 ・持ち点合計は30点
 ・1作品に投票できる最大は10点まで

『 日本映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「それでもボクはやってない」 7点
  「転々」           6点
  「オリヲン座からの招待状」  4点
  「アヒルと鴨のコインロッカー」4点
  「きみにしか聞こえない」   3点
  「キサラギ」         3点
  「東京タワー オカンとボクと、時々オトン」 3点

【コメント】
全部で7作品になりました。
30点を分けるのが、とっても難しくて悩みましたが、
まあ、こんな感じでしょうか・・・。


【監督賞】           作品名
   [ 周防正行 ] (「それでもボクはやっていない」)
【コメント】
この作品を観終わったときの衝撃は、忘れられないものでした。
11年ぶりの周防監督作品。さすがです。

【主演男優賞】
   [ 加瀬 亮 ] (「それでもボクはやっていない」
「オリヲン座からの招待状」)
【コメント】
押し付けがましくない自然な演技で、作品ごとに色の変わる素敵な役者さんです。

【主演女優賞】
   [ 中谷美紀 ] (「あかね空」「自虐の詩」
【コメント】
演技の幅がどんどん広がっているなって思えて、彼女に1票!

【助演男優賞】
   [ 瑛太   ] (「アヒルと鴨のコインロッカー」)
【コメント】
カッコいいだけの役者じゃないなって思えた演技でした。これからの期待もこめて。

【助演女優賞】
   [ 樹木希林 ] (「東京タワー オカンとボクと、時々オトン」)
【コメント】
役が憑依してるんじゃないかと思えるほど、ハマリ役でした。

【新人賞】
   [ 該当なし ]

【音楽賞】
  「 めがね 」
【コメント】
 のんびりゆったりした空気が流れる作品に、とてもマッチした音楽で大好きです。


【勝手にアニマル大賞】
   [犬のマリちゃん] (「マリと子犬の物語」)
【コメント】
2007年一番泣かされたのが彼女の演技!自然な立ち振る舞いには並みの役者じゃたちうちできそうもないかも・・・。
posted by mio7334 at 02:42| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Little DJ 小さな恋の物語

Little DJ.jpg

ラジオの深夜放送を聴かなくなってから、もう何年も過ぎてしまいました。
私も太郎(神木隆之介)と同じ位の時、短い期間でしたが入院をしたことがあります。一人っ子で人見知りだったので、太郎のように入院生活を楽しむとまでは出来なかったけど、普段は接することのない大人達との出会いは子供だった私にはとにかく刺激的だったことを覚えています。隣のベットのお姉さんがこっそり聴いてた「オールナイトニッポン」が私の深夜放送との出会いでした・・。そんな訳で、ノスタルジックな気分に浸りながら鑑賞したこの作品、ストーリーはありきたりのものなのに、スーッと心に入り込んでくる素敵な作品でした。函館山の風景や太郎の番組で流す音楽も心に残るものだったし、病気に負けず前向きに生きる太郎の周りの人たちが、みんな優しくて温かい人ばかりで、胸に沁みましたぴかぴか(新しい)
ただ、たまきが大人になってからの役者さんは広末さんより田中麗奈さんだったら、福田麻由子ちゃんに顔や雰囲気が似てるので違和感がなかった気がしたんだけどな・・。

何だか久しぶりに、深夜放送が聴きたくなりました。
posted by mio7334 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。