2007年12月26日

ノートに眠った願いごと

NOTE.jpg

愛する人をデパート崩壊事故で亡くしてから、自暴自棄になったままの男性の物語です。
自分を責め続けたままで10年の時が過ぎても、立ち直ることの出来ない彼のもとに届く彼女の残したノート。そこには二人で行く新婚旅行の予定が事細かに綴られていました・・・。
人を愛する気持ち、自分を許し過去から解き放たれる強い心、忘れられない大切なもの。そんな全てが美しい秋の風景の中で優しく問いかけてくるような作品でした。
posted by mio7334 at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転々

tenten.jpg

ゆるさ加減がとても心地よくて、ふんわりホンワカした気分につつまれました。
三木監督作品ってことで、小ネタ満載です。
クスクス笑ってしまう場面が多くてツボにはまりまくりでした。
オダギリジョー×三浦友和が凄くいいコンビネーションなのです。
妙〜な安心感があったし、うるさ過ぎない台詞の言いまわしとか、
二人の醸し出す雰囲気が自然体でスーッと気持ちに入ってきました。
男二人が、ある事情のため東京の街を散歩する。
散歩の途中で出会う色々なエピソードや不思議な人達がとにかく面白いです。
ふせえりさんは今回もいい味だしてましたねぇぇぇ。
名前が「仙台幸子」ってだけでも地元民としてはツボでした。
何で知ってんのぉぉぉ→三木監督。
岸部一徳に会うと云々・・・も笑えたし〜!
まさか、そんな展開にはならないでしょう〜ってことも、そのまさかの展開になってしまうとういう三木ワールドの不思議さも充分堪能できました。おもしろくて可笑しくてちょっぴり切ない気持ちになる素敵な作品でしたぴかぴか(新しい)
東京で観たので、観終わってから1ヶ月半以上経ってしまいました。
こちらでも先週末やっと公開になったので、もう一度観てこようかなって思ってます。
そうそう「時効警察」ファンは、あの人に再会出来る・・・っておまけもありますよexclamation
posted by mio7334 at 12:57| Comment(4) | TrackBack(6) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さよなら#18

正式発表になりましたね。
本人のブログも見てたし、噂が出た当初から行くだろうって思ってたので、不思議なほど冷静です。
ただブログ見て、色々と違和感を感じてしまいます。
正直、何だかな〜って思い。
優しい気持ちで書いたのかもしれないけど、君はもうベガルタを応援しちゃいけないんだよ。今は違うカテゴリーかもしれないけど、再来年には同じピッチで闘うことになる敵チームへと君は君自身の決断で行くのだから。契約外になって泣く泣く他のチームへ行く選手達とは違うんだから。もうベガサポへの思いは捨てて、新しいチームのことだけを考えなくちゃ。それくらい強い覚悟で決めた移籍でしょ。
今までありがとう。ベガルタの萬ちゃんが好きでした。私はベガルタサポなのでベガルタの萬ちゃんしか応援できません。
もう応援はできないけど、自分の信じた道を進んで下さい。
4年間ありがとう。そして、さよなら・・・。
posted by mio7334 at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ベガルタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

凄いニュース

キム・ギドク監督の作品に、オダギリジョー主演!
うわ〜。めちゃめちゃ楽しみだよ!!
嬉しくて久々に携帯からの更新です(●^o^●)
posted by mio7334 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | オダギリジョー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。