2007年10月18日

私の胸の思い出

BECOME.jpg

バリバリ仕事をして、周りには心を許した友人もいる・・充実した毎日を送っているヒロインに訪れる突然の乳がん告知。認めたくない思いと病気への恐怖感、手術にはなかなかふみきれない彼女の揺れる思いを、深刻になりすぎず軽いタッチで描いた作品です。

この作品のポスターがとても素敵だったので、あまり深く考えずに観にいってきました。
病気がテーマなので、泣ける作品かと思ってたけど、コメディ作品です。
病は誰にでも訪れるもので、悲劇なんだだけれど、気の持ちようでいくらでも喜劇に変えることができる・・・ってことを教えてもらえた気がします。
ただ、ヴィ(リッチー・レン)が、ビンゴ(ミリアム・ヨン)をあんなに急激に好きになるのが、無理やりな感じがしてしまい感情移入できなかったですね。

そして自分でもビックリしたことがひとつ。
エンドロールが出るまで、主演はサミー・チェン&リッチー・レンだって思ってました。
「サミーの名前がない???何で? ミリアム・ヨン???あの「美しい夜、残酷な朝」に出てた人???」・・・と、ある意味観終わった時の衝撃の方が大きかったかも。
似てるよね〜!?サミー・チェンに!!ほんとビックリしちゃいましたふらふら
posted by mio7334 at 09:08| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。