2007年09月06日

私のちいさなピアニスト

piano.jpg

落ちこぼれのピアノ教師と天才ピアニストとの師弟愛を描いた作品です。
自己中で言い訳ばかりのピアノ教師ジス(オム・ジョンファ)が、少年キョンミン(シン・ウィジェ)と運命的な出会いを果たし、ピアノを通じてお互いに成長していく姿にひきこまれていきました。
自信だけは人一倍あったのにピアニストとして成功できなかったジスが、
いつまでもプライドを捨てることが出来ずに、理想と現実のギャップに苛立ってばかりいる姿をオム・ジョンファがとても自然に演じていました。
多かれ少なかれ、こういう思いは誰もが抱く感情だと思うので、最初可愛げのなかったジスにも共感できたのだと思います。
シン・ウィジェ君のピアノの上手さには驚きましたが、実生活でもコンクール優勝経験がある本物だったみたいです。今更ながら納得です。

ラストに近づくにつれて涙が自然にこぼれてきて自分でも驚きました。正直そんなには期待してなかったし、先は読めてしまうような展開だったのに・・・。
沢山の美しい音楽を聴けたことはもちろんですが、
季節の移り変りを映し出した映像の美しさにも感動しました。
人と人との出会いの大切さを、改めて感じることの出来た素敵な作品でしたぴかぴか(新しい)
posted by mio7334 at 13:15| Comment(0) | TrackBack(10) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。